外務省から海外渡航者やその家族などに便利なサービスが登場しました。

gaimusyou-tabitomo

たびレジは、海外旅行や海外出張される方が、旅行日程・滞在先・連絡先などを登録すると、滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メール、また、いざという時の緊急連絡などが受け取れるシステムです。」

紛争地帯でなくとも突然起こるテロや暴動。
現地でテレビや新聞などからそれらの情報を得るには相当の語学力と地理的に明るくないと難しいと思います。
とくに観光旅行中となると、それらの情報を知らずに予定通り日程をこなそうとしたり、或いは多少現地語が理解できて危険情報を知ってはいても日数が限られているので多少の危険を顧みずに強行したりすることがあるかもしれません。
そんなときに日本語で情報を知らされると思いとどまることもあると思われます。

このサービスは登録さえすれば、誰でも無料で利用できるようなので、日本国内で旅行の無事を祈る家族や友人も登録して情報を得ることもできます。
本人の判断だけでなく親しい人から、「危険そうだから予定を変更したほうがいい」と言われれば考えが変わることになるかもしれません。
生きて帰れれば、また行けますので。

安倍政権の意向が反映されたのかどうか分かりませんが、「日本人保護」という観点では相当な国民サービスの前進だと思いました。